メガネかけた女性

ブランディングをして利益を高めて行く~ガシガシ役立つ情報~

触覚にアプローチ

ノート

企業が広告として利用するチラシを制作することは、それほど難しいことではありません。フルカラーの印刷を行うならまだしも、2色刷などの場合は費用も低く手軽に制作することが出来るでしょう。しかし、チラシ広告を活用する上で重要なポイントの一つに「立体感」があります。チラシは通常、シンプルに印刷したものを配布するだけなので、立体感を表現することは難しいです。しかしチラシを触った際、凹凸の有無一つだけでも印象は大分変わってくるので、少しでも効果的な広告を作るのなら必要不可欠なこだわりでもあるのです。ポスティング広告を利用する際にもチラシのこだわりは重要ですが、配布する業者を選ぶことで思わぬ一手間を加えられることがあります。

顧客のもとにチラシを投函してくれるポスティング業者では、チラシを封筒に封かんしてくれるサービスなどを行っているものもあります。チラシを封筒に入れることで広告効果は向上するため、利用を検討するべきサービスと言っても良いでしょう。素の状態のチラシは受け取ってすぐに読むことが出来ますが、封筒に入ったものの場合開封するまで中身を見ることは出来ません。そのため、より効果的に顧客の興味を惹くことが出来るのです。ポスティングサービスを利用する際には、封かんを行ってくれるかどうか調べてみると良いでしょう。一枚あたりの費用で考えてもそれほどコストは掛からないので、安価に広告効果を高めるための一工夫と考えて良いでしょう。